foto

flowers , cats ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

My First Jackmanii

20050626_1.jpg


クレマチス ジャックマニー

一年生苗だったので、株の成長を促進させるため
蕾ができたら摘んでしまって、咲かせないように
すべしとのことなんだけれど、ちょっとだけなら
いいよね、ね、ね・・・

というわけで、これ以外につく場所が違うところ
にあと2つだけ残した。それでも結局はかなりの
数の蕾が出来ていたから、かなり強靭なのかも
しれない。

こんなの見たら、やっぱり全部摘まなくてよかった
って思うよ。来年のために早めに花を切らないと
だめだろうけれど。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/26(日) 08:58:11|
  2. clematis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

困ったちゃん

20050621.jpg


ハブランサス ロブスター (ヒガンバナ科)

葉の多くが枯れてから咲いたりと、簡単なはずなんだけれど
やきもきすることの多い花。秋のヒガンバナのように完全に
葉がなくなってから咲くわけでもないところが微妙・・・
ご多分に漏れず、これも花持ちは悪いのが泣き所。

昨年は植えた直後にひとつ咲いただけで、ずっと待たされた
だけにうれしい。同時に入手したハブランサス チェリーピンク
は繊細さでは上だけれど、この派手なピンクの花も、それほど
大きくないのでかわいらしいように思う。

横からの花の姿は、ハブランサス チェリーピンクには負ける。
というか、そちらのほうは芸術的に感じる。

水やり作業に極端な強弱をつけて、擬似的に雨上がりを再現
すると開花しやすいとのことなので、最近のやや熱帯地方より
の天候は、かえって好都合なのかもしれない。
  1. 2005/06/21(火) 13:26:59|
  2. summer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

華奢

20050605.jpg


イキシオリリオン パラッシー

秋植えのヒガンバナ科の球根。線が細いけれどとても色が
綺麗で、ジメっとし始めた季節にはスッキリした感じが良い。
草丈は30cmくらい、花の大きさは3~4cmほど。

ハブランサスやゼフィランサス等も含め、この手の花に共通
して言えることは、花持ちの悪さ・・・(悲

繊細であるだけに、ちょっと見逃すとあっという間に
シオシオになってしまう。あまりメジャーになれない
原因はそこにあるのだろうと思う。

#TBPのBlue Flowersに初参戦
  1. 2005/06/05(日) 00:49:15|
  2. spring
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。