foto

flowers , cats ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バリエーション




クレマチス ヴィオルナ(実生)
Clematis Viorna

色が何色になるのかは不明ということで買ったもので、
この種は挿し芽で増やすことが出来ないから「実生」と
明記して提供しているという話を購入時に聞きました。

ハンショウヅルやテキセンシス系などの地味なタイプ
もクレマチスの仲間なわけですが、カザグルマなどの
大輪系と違った魅力っていうのは何なのかを考えてみます。

で、ずっと見ていると、このタイプは開いてクルっと反る
部分なんだろうなあって思います。色は味わいのある
紫色でしたが、ラベルは薄いピンク色でした。どちらが
いいのかっていうのは、見なければわからないですね。
ワタシはこの色は気に入ってます。

これ以外には、ひょんなことからうちにやってきた踊場も
ヴィオルナ系に区分されるようですね、写真は撮り損ね
ましたが、また別の時期に撮れたら登場させましょう。
スポンサーサイト

テーマ:クレマチス 大好き♪~ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/22(日) 18:26:52|
  2. clematis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風接近中も爽やかに







強い雨とすごい湿気、これから風も激しくなりそうな
雰囲気ですから、安全な場所に鉢を沢山移動しました。
被害最小で台風の通過を迎えたく思います。


デルフィニューム  Delphinium キンポウゲ科
(F1 オーロラ ブルーインプ)

そんななかですので、爽やかな色彩の花を登場させて
みました。タネからチームなのですが、深くない5号と
6号のプラ鉢でもうまく開花しました。

園芸店で高々と花穂がそびえる姿にあこがれていたの
ですが、育てている3鉢のうち写真のものは一番花穂が
伸びなかったもので、他のものはプロが仕立てた6~7割
程度のレベルまではいったような気がします。

秋の気温が安定して来た10月にタネをまいて、緩やかな
成長具合にやきもきしていました。寒さには強いのですが
花穂が見え始めるころまでは、ずっと雨に当てたくない
のでベランダで育てました。

花が咲く時期が近づくと、高温対策をしていない自分の所
のベランダではこの花にとっては高温になり過ぎるので、
多少の雨がかかるのは我慢して場所を移動。結果的にこれ
がうまくいったようで、写真のような姿がみられました。

とにかく色や花の姿の複雑な感じがなんとも言えません。
今シーズンのなかでは、今のところでは一番嬉しい開花と
なりました。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/15(日) 08:08:26|
  2. summer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤いきつね




グロリオサ ロスチャイルディアナ ユリ科

2年目のものと今年購入分のどちらが咲いたのかは
わかりませんが、とにかく不思議な形状の毒々しい
花が咲いてくれました。

「花は調和のとれた美しいもの」という固定観念は
一切捨てて、ひたすらアバンギャルドな姿を見ている
と、何ともいえない気持ちになります。こういうのを
危険な美しさというのではないでしょうか?

切り花にして、派手なアレンジに使われることが多い
のですが、自分で育ててみるのも一興。今回は黄色の
ルテアも葉は茂っていますが、花を咲かせるまでの力は
なかったようです。来年に期待しましょう。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/08(日) 14:42:52|
  2. summer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風船




キキョウ

桔梗って漢字で書くと雰囲気が出ます。和の装い
で何ともいえない侘び寂びな姿ですが、蕾のときに
プックリと膨らむ姿から、海外ではBalloon flower
と呼ばれるようです。バルーンフラワーっていうと、
風船の中に花を閉じ込めるギフト商品もありますが、
そんなものとは遠いところにある、床の間に切り花
で飾りたい花です。床の間なんてウチには無いわけ
ですが・・・

これははなだよりのWAKAさんからいただいたタネ
からです。2年かかりましたが、姿を見れば待った
かいがあったなあとしみじみ感じました。ありがとう
ございました。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/08(日) 10:47:17|
  2. summer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まだないもの




クリームエキサイティング メイアン社
(という表示だったと思います 自信ナシ)

まだ切り花専用で温室内での展示となっていましたが、
淡い色で変化に富んだ雰囲気がとっても美しかったです。

将来は苗としても出回るようになるのでしょうか?
「バラ色」という言葉の色はやや濃いめなピンク
色であるようですが、こんな魅力的なものであれば
やってみたくなるのも当然です。

確か香りもいい感じだったと思いますが、記憶が
既に飛んでしまっています。とにかくこんなバラ
で花束を作ったら、かなり素敵なものが出来るの
ではないでしょうか?

京成バラ園
  1. 2007/07/05(木) 22:44:50|
  2. rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシック




古い建築物って空間が適切なように思います。

これは国立科学博物館でしたかね、全体としては
新旧入り交じってごちゃごちゃした博物館ですが、
中央ホール上部にあるステンドグラスや照明具等
の雰囲気は結構いい感じ。
  1. 2007/07/01(日) 09:33:47|
  2. landscape
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。