FC2ブログ

foto

flowers , cats ...

和のあじわい



柿茶色と形容される「団十郎」として売られる渋い色合いの朝顔。朝顔は江戸時代にもてはやされたことがあって、歌舞伎の市川団十郎がこの色合いの朝顔を好んだということになっているらしい。

本来は「団十郎」という朝顔は、縁取りの部分まで柿茶色のものであり、厳密には「団十郎」ではない。とはいっても、まあ研究家ではないから、ただ楽しむ分には、そんなに気にしなければいい話だ。

これは大輪朝顔のなかでも主流の色のひとつであるようだ。いずれにしても、日本の夏を代表する、もっとも身近な花である朝顔、西洋朝顔やオーシャンブルーなんかに浮気をしても、いつでもすぐに原点にもどって、ずっと楽しみでいられたらと思う。
スポンサーサイト



  1. 2005/08/05(金) 12:49:13|
  2. summer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

<<大輪アサガオ | ホーム | 区別がつかない>>

コメント

渋~!
色も名前も渋すぎ。すげ~

ウチのは全部種からチームなので、何色が咲くかまだ解らないのがいっぱいです。
今のところは、白・濃いピンク・水色(白い縁)ばっかり咲いてます。
渋いのが咲いたらトラックバックだっ!
  1. 2005/08/06(土) 10:14:54 |
  2. URL |
  3. 1496 #-
  4. [ 編集 ]

これはタネが出来にくいみたいです。いっぱい咲くんですけれどね。これと濃い色の紺色のは地味ですが、いかにも古くからの朝顔という感じがします。

画面の中で再現された色は、ちょっと赤に寄り過ぎかも知れません。もう少しだけ茶色に近いのかな?ちなみに、大きな園芸店のタネで、この系統の色のも売られてるのを見たことがあります。
  1. 2005/08/07(日) 00:55:18 |
  2. URL |
  3. しながわ #focBieTc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nardis.blog5.fc2.com/tb.php/180-8a8f7dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)